読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MAXフィットネス

健康的にダイエットできる知識やトレーニングテクニックや身体をつくるための栄養学・サプリメント食品,私のトレーニング記録・商品レビューなどをおこなっていきます。

目標の身体にリフォームする

目的・目標とする身体にするためには4つ必要なことがあります。

それを家のリフォームを例にして紹介したいと思います。

       

f:id:shun1987:20150528232403j:plain

            

1.決意をもって

まず家をリフォームするときにはお金が要ります。

しかも結構な額いる場合が多いですよね。

それなりの決意がいるわけです。

目標とする身体になるためには目標を達成しようという

<決意>が必要になります。

これが弱いと途中でくじけてしまいす。

家のリフォームと違い理想の体を手に入れるためには自分で頑張ることのほうが多いからです。

 

2.まず壊す

家をリフォームする場合場所をまず壊しますよね。

それはトレーニングで身体の筋繊維を傷つける作業と似ています。

リフォームする際にはまず家を壊します。今までの家は頑丈でしっかりと力を入れて壊しますよね?

トレーニングも同じで少し強度の高いトレーニングのほうが筋肉に傷がつきやすくより強固に回復しやすい環境にできます。

しかしながらリフォームする場合も大事な骨組みまで壊してしまっては家が崩壊しますよね。トレーニングも行いすぎると筋断裂を起こしてしまいます。

ですので、やりすぎはほどほどにするのがいいです。

 

3.材料が必要

家をリフォームするのは材料が要ります。

それはトレーニングで言うところのタンパク質になります。

トレーニングはしっかりと行っているが栄養摂取はしっかりと行えていないパターンが多いように感じます。

材料がなかったり少なかったりするとしっかりとしたリフォームはできませんよね?

ですので、しっかりとタンパク質を補給しましょう。

体重1㎏あたり1g~1.5gほどを目安にするといいと思います。

 

4.時間がかかる 

家をリフォームするには時間がかかります。

トレーニングで痛めた筋肉群を回復させるためにも時間が必要になります。

家をリフォームするときできてない時に無理やり次の過程にははいらないでよね?

しっかり休めて回復させることが非常に重要になります。

 

以上が4つの例えになります。

最後なのですが家のリフォームは一日ではできませんよね?

理想とする身体・目標とする身体になるには長期戦で筋細胞が変わるまで90日と言われていますのでまずはがんばって3か月行ってみましょう。

 

では理想の体になるために皆様一緒に努力しましょう。