MAXフィットネス

健康的にダイエットできる知識やトレーニングテクニックや身体をつくるための栄養学・サプリメント食品,私のトレーニング記録・商品レビューなどをおこなっていきます。

ドリンクタイププロテインについて<バルクスポーツビッグホエイRTDを例に挙げて・・・>

 

f:id:shun1987:20150407230654j:plain

今私が使っているドリンクタイプのプロテイン

バルクスポーツビッグホエイRTDです。(ちなみにホエイプロテインです)

今回はなぜ粉末タイプのプロテインがあるのにもかかわらずこのプロテインを使用しているかを説明させていただきます。

とはいっても使い分けはしています。

 

 バルクスポーツビッグホエイRTD

 

 

ビッグホエイRTD 30パック マンゴープリン

ビッグホエイRTD 30パック マンゴープリン

 

 

エネルギー 118kcl

タンパク質 20g

脂質 2g

炭水化物 5g

 

<比較対象>ビックホエイナチュラル(25gあたり)

 

 

バルクスポーツ ビッグホエイ 5kg (イチゴミルク)

バルクスポーツ ビッグホエイ 5kg (イチゴミルク)

 

 

 

エネルギー 100kcl

タンパク質 19.5g

脂質 1.5g

炭水化物 2.1g

 

となりほとんどタンパク量に対する違いはありません。

しかも粉末タイプのほうが値段的にもお値打ちです。

 

では、なぜ<バルクスポーツビッグホエイRTD>使用しているのかといいますと、

私は仕事を行っているからです。

正確にいうと仕事を行っていて、プロテインを作って飲んで片づける時間が取れないそしてストレスに感じているからです

 

仕事時間の間にプロテインを摂取する理由は

トレーニング後の体は筋損傷を受けており、損傷を治すために通常以上のタンパク量が必要です。

体内に一定のタンパク量を維持し筋修復を最大限にしたいと考え、できる限りプロテインを摂取したほうがいいと考えたからです。

 

職場にプロテインを実際に持ち込んだこともありましたが、シェーカーに入れる→シェイクする→泡立ったプロテインを飲む→容器を洗うという手間が非常に煩わしかったからです。

 

それに引き替え<バルクスポーツビッグホエイRTD>は

開ける→飲む→容器捨てるだけ

なので、

ウイダーインゼリーの要領で飲めます。

そのため飲むのに時間もほとんどかからず、少しの休憩で済みます。

結果プロテインを作るという手間とストレスから解放されしっかり飲み続けることができています。

 

粉末タイプのような粉っぽさ、泡立ちは一切なく非常に飲みやすいです。

 

職場など時間に制限がある場合はこのドリンクタイプを使用しており、

トレーニング時など仕事以外では粉末タイプを使用するようにしています。

 

ぜひ外回りなどの仕事でプロテインを飲みたいけど飲めないという方

ジュースなどを飲んでしまう方はドリンクプロテインに置き換えることで余分な糖質も摂取しないで済むのでダイエット効果もあります。(ただし軽い運動は行ってくださいね。)

ドリンクタイプのプロテインをお勧めします。

 

タンパク質をしっかり取り回復を促し、目標とする身体を手に入れてください。