MAXフィットネス

健康的にダイエットできる知識やトレーニングテクニックや身体をつくるための栄養学・サプリメント食品,私のトレーニング記録・商品レビューなどをおこなっていきます。

筋肉に効かせる方法

 


筋力トレーニング行う時に、いつもより筋肉が張っているような気がする

トレーニングの際燃えるような痛みがあるなどの経験はありませんか?

 f:id:shun1987:20150301234029j:plain

これは身体がトレーニングにより変化が出ているからです。

 

トレーニングとは高重量を持ち上げることにより筋肉に損傷を与え超回復を行い筋肉が大きく強くなる。

「筋損傷」→「超回復」→「筋肥大」

となるわけなのですが・・・

 

しかしながら考えてみてください。

水泳選手や競輪選手は高重量を持ってトレーニングを行っていないはず(筋肉を大きくするという目標を持っていない)なのに、筋肉が大きく肥大している。

身体にはそれ以外に作用しています。

 

これは高重量でトレーニングを行う「物理的刺激」に対し

トレーニングの際代謝物の産生による「化学的刺激」になります。

 

例としては

パンプアップ(筋肉が一時的にパンパンに水膨れ状態になる:代謝物の蓄積による浸透圧調整の貯水作用によるもの)

バーニング(筋肉部分が熱く燃えるような痛み:代謝物の蓄積によるもの)

 

筋力トレーニングを高重量で行うことも重要ですが、パンプアップやバーニングを意識することも高重量で行うことと同じくらい重要と思います。

意識の仕方は、ゆっくりと筋肉を使います。トレーニングでロックをかけないようにすることも重要です。

体験するのはなかなか難しいですが、

私が最もバーニング、パンプアップを行った体験記載させていただきます。

レッグエクステンションの場合:10回ぐらいできる重量で

足を延ばした段階で5秒収縮を続け、

5秒かけてゆっくりおろす

を限界まで行います。

私はこれで激しいバーニングを起こしています。

 

パンプアップやバーニングが起こるとき、充実感も非常に高いです!!

皆様のぜひ行ってみてください。

参考文書